【短いしっぽをパタパタ】シッポでわかる猫の習性5つの気持ち | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【短いしっぽをパタパタ】シッポでわかる猫の習性5つの気持ち

作成2015/09/21 更新2016/10/26

しっぽで猫の気持ちがわかるといいますが…


シッポの短いネコちゃんのときは、どのように知るの?

今回は、短尻尾のネコの気持ちについて調べてみました。

スポンサーリンク


短尾猫の気持ちについて



基本的に短尾のネコであっても、長尾と変わるところはありません。

でも、尻尾が短いので解りにくいところがあるのも事実。

タイトルに「5つの気持ち」とありますが7つでお願いしますね(^^ゞ


 icon-arrow-circle-o-down ネコによく見られる尻尾の形7つ

  1. シッポをピンと立てる → 甘え(長短尾ネコ共通)
  2. シッポの先をピクピクさせる → 興奮しているとき、獲物を狙うとき。短尾ネコは左右ピコピコする
  3. シッポを膨らませてる → 威嚇(長短尾ネコ共通)
  4. シッポを股と間に挟む → 恐怖。短尾ネコはシッポが寝る
  5. シッポを左右に振る → イライラしている。短尾ネコはパタパタと素早く左右に動かす
  6. シッポをゆっくり振る → リラックスしている。短尾ネコは時々ピコピコ動く
  7. シッポを逆U字にする → 成ネコは威嚇、子ネコでは遊びの合図。短尾ネコにはできない


短尾ネコは感情は、尻尾をふるスピードを観察すると理解しやすいと思います。

ゆっくりのピコピコや、時々ピコピコは、リラックスしているときが多く、

イライラしていり、何かを警戒しているときは素早く尻尾が動きます。

ちなみに返事が面倒なときは、ピコっと1回だけ動かします(^^)


猫が尻尾を立てるのはどうして?



赤ちゃんネコは、自分でオシッコやウンチができません。

それで、母ネコにお尻を舐めてもらって排泄するワケなんですが、

子ネコは、母ネコにお尻をなめてもらいやすいように尻尾を立てます。




そのときに子ネコは「心地よいこと⇒尻尾を立てる」として学習します。

成長してからもその習性はなくならずに、甘えを表現する行動として残ります。


母ネコは巣の衛星を保つために子ネコのウンチの食べてしまいます。

ちょっと人にはマネのできない母ネコの深い愛情ですね。

スポンサーリンク


猫の尻尾の長さの種類



 icon-arrow-circle-o-down しっぽの長さは5種類に分けられます

  1. 長尾・頭+胴のながさの半分以上(20~30cm以上)
  2. 短尾・頭+胴のながさの5分の1(10~15cm程度)
  3. 中尾・長尾と短尾の中間(5~7cm程度)
  4. 鍵尾・シッポが途中で折れ曲がっている
  5. 無尾・種類によってはシッポがない品種がいます

シッポがない品種で知られているのが、マンクスというネコですね。

 icon-arrow-circle-o-right 【ウサギ猫】マンクスの性格と子猫の価格をしらべてみた


まとめ






エサを食べていて機嫌が良いときも、横から突かれてイラッとしても、

うちのネコはシッポを左右にピコピコ振るだけです(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【くねくね】尻尾でわかる猫の7つの気持ち【膨らむ】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのこと » 【短いしっぽをパタパタ】シッポでわかる猫の習性5つの気持ち