【突然の威嚇】猫の背中がピクピクする病気 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【突然の威嚇】猫の背中がピクピクする病気

icon-share 2016/06/30 icon-edit 2017/04/13

おとなしい猫ちゃんが突然攻撃的になってしまうのは何でなの?


ふだんは仲のよい兄弟猫なんですが、片方が突然攻撃的になるのはなんで?

今回は、猫の背中がピクピクする病気についてです。

スポンサーリンク


猫の背中がピクピクする病気



過去記事で、猫の知覚過敏ちかくかびんについて少し触れたことがあります。

知覚過敏というと歯の痛みを想像しますが、ネコの場合は少し違います。



ネコの知覚過敏症とは、背中と尻尾がムズムズ、ピクピクする病気です。

この病気は発作のようなもので、なんの前触れもなく起こります。

ネコが背中や尻尾に違和感を感じることで、いろいろな問題行動を起こします。


激怒プンプンなネコ


そのムズムズを、何かに攻撃されているとネコが勘違いして問題行動をとります。

自分で自分の背中や尻尾を攻撃したり、目に見てない恐怖で物陰に隠れたりします。

もし兄弟ネコが傍にいたときは、勘違いして攻撃してしまったりするのです。


この病気は突然発症し、発作のようなものなので気がつきにくい病気です。

もし、うちも仲のよい兄弟ネコの片方が、なんの前触れもなく他の兄弟を攻撃してくる場合は、

「猫の知覚過敏」の可能性もありますので、獣医師にチェックしてもらいましょう。


知覚過敏症の兆候について



 icon-arrow-circle-o-down 知覚過敏症の兆候

  • 自分の背中や尻尾を攻撃する
  • 突然、他のネコを攻撃する
  • グルーミングの回数が増える
  • 恐怖で物陰に隠れるようになる
  • ストレスで凶暴化
  • 恐怖で瞳孔が開いている
  • 部屋をグルグル駆け回る…など


ネコが背中を波打つようにくねらせる…と、表現する方もいるみたいです。

ネコが自分の尻尾を追いかける異常な行動もみられるようです。

とにかく、ネコちゃんが普段と違う様子のときは注意が必要です。

スポンサーリンク


知覚過敏の治療について



ある日突然に発症する病気で、原因はよくわかっていません。

大きな音でびっくりするなどの、強いストレスでも発症することがあります。

治療については、抗うつ剤や抗発作薬などで症状を和らげることが可能なようです。


いつもは、やさしい子


 icon-warning 発作的に起きる病気なので、まったくネコの行動が予測できないのが難点です。

もし小さいお子さんがいる家庭では、注意が必要な病気です。

また、時間とともに症状が悪化していくこともあるそうです。


まとめ



普段から仲のよい兄弟ネコの片方が、他の兄弟を攻撃するようなとき、

また、ある日を境に臆病になってしまい、物陰に隠れてしまうようなときは注意です。

ネコの知覚過敏症かも知れませんので、獣医師にチェックしてもらいましょう。


特殊な例としては、ネコの心的外傷後ストレス障害(PTSD)というのもあります。

よかったら参考にしてくださいね(^_-)-☆


詳しくは icon-arrow-circle-o-right 【威嚇】可愛くない!なつかないのは猫との遊びが原因だった

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【突然の威嚇】猫の背中がピクピクする病気