【破裂禁止】炎症すると大変!猫の匂い袋の絞り方 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【破裂禁止】炎症すると大変!猫の匂い袋の絞り方

icon-share 2015/03/04 icon-edit 2017/02/14

炎症で破裂も!猫の匂い袋の絞り方をマスターするには


近所にノラ猫がたくさんいて、たまに肛門周辺が腫れているネコを見かけます。

タマタマが腫れているものと思っていましたが、よく見るとタマは別にありました。。

どうやら、腫れていたのは「匂い袋」だったようですね(^^ゞ

スポンサーリンク


匂い袋について



先ずは「匂い袋」についてザックリと説明しますね。

匂い袋は「肛門のう」と呼ばれていて、匂いのする分泌液が入っています。

肛門嚢の「嚢」は袋という意味で、肛門の下に左右対称にハの字の位置にあります。

 

匂い袋の役目

 

ネコがウンチをすると、肛門嚢が圧迫されて匂いが分泌する仕組みになっています。

匂いはネコにとっても重要なコミュニケーションの手段で、

お互いを識別したり、縄張りを知らせたりする大切な役目があるのです。


ネコ同士が出会ったとき、先ずは鼻と鼻を近づけて相手の匂いを嗅ぎます。

ファーストコンタクトが終わると、次にお互いに体の匂いを嗅ぎます。

次にお互いが相手のお尻の匂いを嗅ごうと、互いに円を描くように回り始めますが、

どちらか一方(劣勢ネコ)が尻尾をあげて相手に匂いを嗅がせます。

ですが、いつも出会いがこのように友好的に終わるとは限りません(^^ゞ


肛門嚢がつまる原因




肛門嚢がつまりやすいネコちゃんがいます。

体質的に分泌液がドロドロしているとつまりやすくなりますし、

肥満胃による運動不足や、老齢などで腸の動きが鈍くなったても起こりやすくなります。




分泌液は排便のときだけではなく、ストレスを感じたときにも分泌されます。

完全室内飼いのネコは、外敵などのストレスに晒されることがありませんから、

おのずと分泌液を出す機会を失い、袋の中の液が濃縮されてしまうのです。

それで肛門嚢がつまってしまい、最悪な場合には破裂することもあります。

スポンサーリンク


肛門嚢の絞り方と注意点

 

ネコの肛門嚢を一人で絞るとなると、ハードルが高くなって気が重いです。。

うちのネコはお尻に触れられと怒ります。。それにじっとしていません(^^ゞ

 

絞るときには、誰かに手伝ってもらうと簡単です。

もう一人にネコのお尻を持ってもらい、こっちに向けてもらいます。


猫の匂い袋の絞り方


つまりネコのお尻が上で、頭が下になるので逆立ち状態になります。

あとはお尻を両手で押さえながら親指で(図の赤丸を)軽く押すだけです。

もちろん、触って痛がる場合も中止です!



ふつうネコの肛門嚢はプニプニしていて柔らかいのですが、

初めからコリコリしていたり、腫れている場合はつまってる可能性があるので中止です!

間違って強めに押してしまうと、破裂する可能性があるので要注意!


まとめ

 

体質的につまりやすいネコちゃんは、定期的に絞ってあげる必要があります。

おとなしいネコなら問題ありませんが、一人しかいなければ病院で絞ってもらいましょう

絞るときは風呂場など行うといいですよ!それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【激臭】何か垂れてる!猫のおしりが臭いのは病気?!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの健康ケア » 【破裂禁止】炎症すると大変!猫の匂い袋の絞り方