【縄張り意識】猫の鳴き声がうるさいのは縄張り争い?【強い】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【縄張り意識】猫の鳴き声がうるさいのは縄張り争い?【強い】

icon-share 2017/03/14 icon-edit 2017/03/14

近所の猫が唸り声をあげるのは縄張り争いですか?


そもそも猫の縄張りって、家からどのくらいの範囲のことなの?

今回は「猫の縄張り」について調べてみました。

スポンサーリンク


猫の縄張り範囲



ネコは縄張り意識が強い動物で、侵入者がいると唸り声をあげて警戒します。

縄張りには「ホームテリトリー」と「ハンティングエリア」の2つがあり、

ネコが「ネコ社会」生きるうえでの大切な役目があります。


1、ホームテリトリーについて



縄張りとはホームテリトリーのことで、おもにネコが住処すみかといている場所。

飼いネコなら、そのネコが住んでいる家やその庭の周辺になります。

ここは他のネコに侵されることがない、自分だけの場所でなければなりません。


縄張りはネコのステータス


ホームテリトリーを持つことでネコは自信をつけ、安心して生活できるのです。

逆に、縄張りを持つことができないネコちゃんは、自信を失い問題行動を起こします。

これがネコが縄張り意識が強いといわれる理由で、完全室内飼いのネコにもあてはまります。


 icon-arrow-circle-o-right 【行動範囲】猫が脱走して迷子になった!探す距離どのくらい?


2、ハンティングエリアについて



ハンティングエリアは、ホームテリトリーを中心とた半径250mぐらいの範囲です。

外ネコであれば、このエリア内で小鳥やネズミなどを狩って食べています。

縄張りといっても1匹だけのものではなく、複数のネコと共有している部分が多いです。


こんな感じのイメージです


赤い円がホームテリトリー、大きな青い円がハンティングエリアと考えて下さいね。

ネコは1日に2~3回パトロールしますから、他のネコと鉢合わせすることがあります。

そのようなときは、お互いに目を合わずにやり過ごすのがルール。


ガン見はNG


基本的に、自分よりも体格の大きな者をガン見をするのは無謀というもの。

体格が互角の場合、にらみ合いからキャットファイトになることも。

ネコのケンカにもルールがあり、深い傷を負わせたりトドメを刺すことはありません。


田舎の外ネコ(オス)のエリアは半径400m~500mほどにもなります(^^)

都会とは異なり、田舎では雄ネコ同士がバッタリ出会うのは少ないのです。

ちなみにメスの活動範囲は、オス猫の10分の1程度といわれています。


 icon-arrow-circle-o-right 【うるさい】キャットファイト!猫の喧嘩にもルールがある?

スポンサーリンク


猫には特別な集会がある



ネコには「猫の集会」と呼ばれている不思議な行動があります。

繁殖の時期でもないのに、公園や空き地などにネコが集まっていることがある理由は

自分もエリアを共有するメンバーであることを、仲間に認めてもらうためだとか。


不思議な光景


ネコ同士が鉢合わせしても、顔見知りなら無用な争いを回避できます。

単独行動するネコちゃんに、このようなシステムがあるのは興味深いですね。

単に、いつもエサを与えてくれる人を待っている場合もありますが(^^ゞ


まとめ



ネコが縄張り意識がつよいのは、それがネコのステータスだから。

ネコが密集した地域では、必然的に縄張り争いが起きやすくなりますね。

雄ネコが活発にな行動する発情期にもトラブルが多発しますよ。


 icon-arrow-circle-o-right 【恋の季節】猫の発情期っていつなの?【お見合いの方法】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのこと » 【縄張り意識】猫の鳴き声がうるさいのは縄張り争い?【強い】