【猫にコタツが危険なの?!】猫とコタツは2点セット | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【猫にコタツが危険なの?!】猫とコタツは2点セット

icon-share 2015/12/22 icon-edit 2016/07/01

うちのネコがコタツから出てこないので心配です。。


猫にコタツが危険と書いてあるサイトもあるのですが、

ホントところのはどうなの?

今回は、ネコにコタツが危険なのか考えてみた。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫にコタツが危険なのか



ネコがコタツに入りっぱなしで、心配になる飼い主さんもいるとは思いますが、

結論からいいますと、まったく心配はありません

「猫のコタツ」も売っているくらいですから(^^ゞ


ネコとコタツは2点セット


“ネコにコタツが危険”と書いてあるサイトもいくつかありますが、

 icon-arrow-circle-o-down だいたい下記の3つの理由に要約されます。

  1. ネコが酸欠になるから危険
  2. ネコが低温火傷になるから危険
  3. ネコが熱中症になるから危険

それでは、1つひとつ見ていきましょう。


ネコが酸欠になるから危険?



ネコがコタツの中が酸欠になるのかというと、ちょっと疑問ですね。

ネコが半日コタツの中にいたとしても、酸素が全てなくなるとは思えません。



したしながら、「掘り炬燵ほりごたつ」という練炭を使っているコタツは、

ネコが一酸化炭素中毒になって亡くなることがあります。



ネコが掘り炬燵のなかで眠ってしまい、朝方に冷たくなって発見されるケースです。

結論としては、一般家庭用の電気コタツで酸欠になることはありません。


ネコが低温火傷になるから危険?



ネコがコタツの中で熟睡してしまい、低温火傷になるかも…ということですね。

ネコには被毛があるので、直接熱が皮膚にあたることはありません。

被毛は被毛に空気を含んでいて、直接的な暑さや寒さをシャットアウトしています。


ほうっておいて…


ですから、普通のネコであれば問題視する必要はありません。

ネコも馬鹿ではないので、暑ければコタツから出ていきます(^^ゞ


ネコは一日中寝ているようでも、とても睡眠が浅いです。

ネコが熟睡している時間は3時間程度といわれていますが、

まとめて熟睡しているわけではありません。


ネコが熱中症になるから危険?



これも、上記の理由でまったく心配する必要がありません。


 icon-arrow-circle-o-right 【電磁場】猫がホットカーペットで留守番!適温なら安全なの?

スポンサーリンク


じゃ、コタツの何が危険なの?



コタツで暑くなると、ネコがコタツ布団から顔を出して寝ていることがあります。


よくあります!


 icon-warning もっとも危険なのは、ネコがコタツ布団で寝ているときに踏まれること!

コタツ布団を広げているときには、とくに注意が必要ですね。。


まとめ



ネコにコタツは危険なものではありませんが、掘り炬燵は要注意です。

最も危険だと思われるのは、コタツ布団に隠れているネコを踏むケースだと思います。

ですので、ネコを飼っている人は、コタツ布団の上をあまり歩かないようにしましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【冬の夜は冷える】猫の寒さ対策はどうしてる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

ピックアップ

ネコの冬支度

ネコ風邪 特集

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのこと » 【猫にコタツが危険なの?!】猫とコタツは2点セット