【元気でいてね】老猫の健康チェック5つのポイント | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【元気でいてね】老猫の健康チェック5つのポイント

icon-edit 2018/01/09 icon-repeat 2018/01/09

毎日の健康チェックで猫の病気予防しよう


ネコちゃんも7歳になると、人間でいう初老に相当します。

8歳以上のネコちゃんには、毎年の健康診断が奨励されています。

今回は老猫の健康を維持するうえで、日々できるチェックポイントを紹介しますね。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

老猫の健康チェック5つポイント




ネコは調子が悪くても平気だったりしますので、飼い主が気付いてあげること。

ネコちゃんも高齢化することで、いろいろな病気になるリスクが高くなります。

そのままにしておくと重症化するものもあるので、日々の健康チェックは大切なんですね。


1、お腹のチェック



わたしの場合、必ずネコちゃんを抱っこしてから家を出るようにしています。

ネコちゃんのお腹はとても柔らかく、フニャフニャしているもが普通。

お腹が張っていて弾力があるときは、お腹の調子がよくないのかも知れません。

うちのネコであれば、便秘または下痢気味のときは少しお腹が張った感じになりますね。


 icon-warning お腹を揉んいるときに、シコリのような固いものに触れるときは病気の可能性ありです。

便秘の場合もあるのですが、どちらにしろ獣医師に相談するのがよいです。

また痛がったり、極端に触られるのを嫌がるときも要注意です。


2、お口のチェック



ネコちゃんも老齢になると、歯に歯垢や歯石が着いてきます。

ネコちゃんの口の臭いを嗅いでみて、生臭い臭いがしているときは歯周病かも。

ふつうキャットフードの臭いしかしないので、異臭がしはじめたら要注意です。

健康な歯茎なら薄ピンク色なんですが、赤く腫れているときは歯周病のはじまりですね。


段階としては、歯肉炎→歯周炎(歯周病)→歯が抜けるという感じです。

8歳ごろから歯周病になりやすくなるので、チェックしておきましょう。

歯が全部抜けてしまったとしても命に別状ないのですが、やっぱり歯は残してあげたいですね。


3、トイレのチェック



ネコは泌尿器系のトラブルが多いので、トイレの頻度・時間はチェックしましょう。

頻繁にトイレに行き、トイレにいる時間が長いときは膀胱炎の可能性も。


またトイレ以外で粗相をするときは尿石症・股関節の関節炎なども考えられます。

トイレのトラブルがあるとき、先ずは獣医師に相談するのが先決です。


 icon-arrow-circle-o-right 【叱っちゃダメ!】どうしたの?老猫のトイレの失敗3つの原因


4、食事のチェック



毎日の水をガブ飲みするようになったら、糖尿病や甲状腺の病気かも知れません。

とくに甲状腺機能亢進症は、老齢のネコちゃんに見られる病気です。

あと、エサを食べないで寝てばかりいるようなときも注意が必要です。




飲水量・食事量は必ずチェックしましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【老化の兆候】老猫は何歳からなの?夜鳴くのは老化現象?


5、目と鼻のチェック



老齢になるとか顔を洗う回数が減るため、目ヤニが目立つようになります。

目ヤニだけではなく、いつも涙目になっているときは涙腺に問題があるかも。

とくにペルシャやエキゾチックなどの鼻の低い品種は、目や鼻の病気になりやすいです。




とくに目頭(目の内側)から白い膜が出っぱなしになっているときは要注意です。

これは瞬膜といい、ネコの健康のバロメーターといわれています。

目の病気だけではなく、どこか体の調子がよくないときにも現れますので要チェック。


 icon-arrow-circle-o-right 【くしゃみ鼻水】猫の片目が涙目でショボショボしてる3つの原因

スポンサーリンク


老猫の予防接種について



多くの薬品メーカーでは、毎年の予防接種が奨励されていると思います。

でもこの毎年の予防接種が、老ネコの体の負担になることも。。

飼育環境によっては、予防接種を毎年しなくてもよい場合もあります。

予防接種の種類や回数は、かかりつけの獣医師と相談するのがよいと思います。


詳しくは icon-arrow-circle-o-right 【毎年】猫の予防接種の回数と費用について調べてみた【必要?】


まとめ



ネコの健康チェックは、まず5つのポイント意識することからはじめてみましょう。

目や鼻などの目につきやすい場所の健康チェックは容易だと思います。

お腹や口の中などは、目立たない場所でもあるので意識しておきましょう。

毎日、ネコちゃんを抱っこしてあげるとよいですね(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【費用はいくら?】猫の健康診断にペット保険は使えるの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

今注目されているネコちゃん

ピックアップ

ネコの冬支度

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

ネコの予防接種(ワクチン)特集

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの健康ケア » 【元気でいてね】老猫の健康チェック5つのポイント