【くしゃみ鼻水】猫風邪の治療費と治療期間をしらべてみた | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【くしゃみ鼻水】猫風邪の治療費と治療期間をしらべてみた

作成2015/03/25 更新2016/09/16

病院で猫風邪といわれたんですが、治療期間が長すぎ

治療が長引いて治療費もバカにならないのですが…どうなってるの?

今回の話題は、長引くネコ風邪についてです。

スポンサーリンク


ネコ風邪の治療期間

 

ネコ風邪で代表的なウイルスは、ヘルペスウイルスとカリシウイルスです。

これはネコがよくかかる病気なので、すでに三種混同ワクチンに含まれています。

細菌でなるネコ風邪は、クラミジア感染症などが代表的ですね。

 


人間が風邪をひいたときは、早くて2日~3日、長くても1週間もすれば治ります。

しかし、ネコが風邪をひくと、だいたい治療期間が2週間程度になります。

 

人間的な感覚らかすれば、治療期間が長すぎてジリジリしますよね。。

もともと体の弱いネコであれば、治るまで1カ月もかかるケースもあるようです。。

 icon-arrow-circle-o-right くしゃみ鼻水は猫風邪の初期症状?知らないと恐い4つの病気

 

ネコ風邪の治療費はいくら?

 

ネコ風邪の主な症状は、くしゃみ・鼻水・発熱など…人間の風邪に近いようです。

実は、ネコ風邪のウイルスを追い出す薬はありません。症状を抑えるだけです。。

 

ですから、ネコの免疫力を回復させてウイルスを休眠させるだけのようです(^^ゞ

症状が軽ければ、治療費は2000円程度で済みます(うちの場合)

これで、1週間分の薬が処方されるはずですね。

 

下痢をして体が衰弱していたら点滴などもします。また入院の可能性もありますね。

点滴代が約5000円、一泊入院費が約5000円程度になります(病院による)

 

icon-ambulance ネコが頻繁に鼻水を垂らしていたら異常ですので、速やかに病院へGOです!

うちのネコは、拾って来た時点で鼻水を垂らしていましたので即病院に行きました。

スポンサーリンク


ネコ風邪が長引く理由

 

飼い猫であれば三種混合ワクチンを接種していますので、風邪は軽い症状で済みます。

しかし、何かが原因で免疫力が低下していたなら、治りにくいですね。



 ネコ風邪が治ったとしても免疫力が低下すれば、また発症します。。

 

また、腎不全・ネコ白血病・ネコエイズなどがあれば、免疫力が低下しているはずです。

風邪がなかなか治らなくて、調べてみたらネコエイズだったというケースもありますよ。

ナビ猫
ストレスでも免疫力が低下します
 icon-arrow-circle-o-right 治療できるの?猫のヘルペスウイルス感染症が無敵すぎ!


まとめ

 

ネコ風邪は1度なってしまうと、体から追い出すことができません。

ネコの免疫力でウイルスを休眠させるしかありません。。

 

常日頃から体の弱いネコちゃんには、ストレスを与えないように注意しましょう。

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【注意】部屋飼いの猫のストレスを軽減する4つの方法

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【くしゃみ鼻水】猫風邪の治療費と治療期間をしらべてみた