しつけの問題?!猫の威嚇がひどくなる原因と3つの対処法 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

しつけの問題?!猫の威嚇がひどくなる原因と3つの対処法

更新日 2016/07/13

猫の威嚇いかくがひどくて困る、何かよい対処法ないの?!


子猫のときは問題なかったけど、最近なんだか攻撃的になってきた。。

こんなときどうすればいいの?どうにかして!

スポンサーリンク


猫のストレスの主な原因とは

 

ネコの威嚇の原因で多いのは、縄張りの不安からのストレスです。

ネコは自分の居場所や、愛着のあるものが部屋にないと攻撃的になります。

 


ネコにとって、自分の縄張り(テリトリー)を持つことは非常に重要で、

縄張りを持てないネコは自信を失い、自分を守ろうと攻撃的になるのです。

ネコに愛着のある居場所を与えてあげると、嘘のように穏やかになるのです。

 

猫の威嚇3つの対処法

 

ネコはテリトリー意識が強いので、室内の中といえどもテリトリーが必要です。

このテリトリーがないと、ネコは不安になり攻撃的になってしまいます。



インテリアを気にしすぎて、部屋にネコのグッズを置いていない場合、

ネコに居場所や愛着のあるものがないので、ストレスから攻撃的なるケースが多いです。

 icon-arrow-circle-o-down それでは、具体的な対策について話を進めていきますね(^^)


 

1、猫の居場所をつくること

 

ネコを飼っている家を見たときに、非常に整っているケースがあります。

ネコを飼っているのに、ネコを飼っている気配がない部屋とでもいいますか…

つまり、ネコにとって愛着を感じない家であってはいけません。

 


ネコにとって愛着のある家にするために、住環境を整えてあげる必要があります。

餌場、トイレ、寝床、爪とぎなどのグッズも、ネコのテリトリーの一部です。

それらを室内に分散して置くことで、ネコのテリトリーを広げてあげます。

 

ネコのテリトリーとは、自分の愛着のある匂いがする場所ともいえるので、

爪とぎ、寝床などのグッズを増やしてあげるのも効果があります。

壁などにネコの棚をつくって、居場所をつくってあげるのもよいと思います。


 icon-arrow-circle-o-right 【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

スポンサーリンク


2、猫と一緒に遊ぶこと

 

飼い主がネコに触れるとき、緊張しているとネコに伝わってしまいます。

そうなるとネコの方も緊張してしまい、反射的に攻撃態勢になってしまいます。

堂々とした態度で接することで、ネコを安心させてあげることが大切です。




ネコとよい関係を築くには、ネコと一緒に遊ぶことが非常に大切です。

ネコが遊ぶ(狩り)ことで自信をとり戻し、精神が安定してくるのです。

飼い主の優位性も示すこともできるので、とても有効な方法です。

 

3、外の世界に触れさせる

 

ネコによっては縄張り意識が強く、広いテリトリー感覚をもつ場合もあります。

外の世界に触れさせることで、テリトリーを拡大してあげるのも必要です。

また、室内飼いのストレスから開放してあげるのも効果的です。


はじめてネコに散歩をさせるときは、

ネコにハーネス&リードをつけて散歩させ、少しずつ外の世界に慣れさせること。

散歩の効果によって、室内でのスプレー行動がなくなる場合もあります。


 icon-arrow-circle-o-right 【ハーネス】猫の病気やストレスを防げるの?散歩の4つの利点

 

まとめ

 

ネコの威嚇の原因は、ネコの住環境に問題がある場合が多く、

ネコにとって愛着のある部屋づくりをすることが大切です。

そして、一緒に遊んでネコに自信をつけさせてあげることが最も大切!


 icon-arrow-circle-o-right 【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコの冬支度




注目されている猫(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのしつけ » しつけの問題?!猫の威嚇がひどくなる原因と3つの対処法