【鼻づまり】猫がいびきをかくときに疑う3つの病気【肥満】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【鼻づまり】猫がいびきをかくときに疑う3つの病気【肥満】

icon-edit 2018/03/29 icon-repeat 2018/03/30

猫がいびきをかくようになった。。デブだから?


というワケで、ネコのいびきについて調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">


猫のいびきについて



わたしの知り合いのネコちゃんは、ピーピー音をたてていびきをかきます。

慢性鼻炎などで鼻がつまっていると、ピーピー(ときにはブーブー)と音が鳴りますね。

いびきというよりは、鼻通りが悪くて鳴っている状態です。




ペルシャやエキゾチックなど短鼻種(鼻ペチャ)のネコちゃんはいびきをかく傾向あり、

これは構造上の問題で、正常ないびきといえると思います。

注意いなければならないのは、鼻炎や短頭種でもないのに鼻が鳴っているケースです。


猫のいびきに隠された病気



鼻や気道から異音がするのは、何かの原因でそれらが圧迫されているということ。

もちろん慢性鼻炎でも鼻の粘膜が腫れて厚くなり、いびきをかく原因になりますが、

それ以外に注意しなければならない病気をいくつか紹介します。


病気 特徴
鼻咽頭ポリープ 鼻の中や喉に出来物ができる病気です。慢性鼻炎と間違いやすいので注意しましょう。
クリプトコッカス症 主にハトから感染するカビの仲間で、免疫色が低下していると感染しやすくなります。鼻血がでたり、鼻の中にしこりができたりします。
鼻咽頭狭窄 鼻の奥に膜様の異物ができたり、粘膜が肥厚することで息が苦しくなる病気です。



 icon-medkit 一般的に健康なネコちゃんであれば、クリプトコッカスに感染することはありません。

その場合、猫エイズや猫白血病などによって免疫力が低下しているケースもあります。


 icon-arrow-circle-o-right 【猫白血病】症状の違いについてしらべてみた【猫エイズ】

スポンサーリンク


肥満といびきの関係




超肥満ネコの場合、首回りの脂肪が気道を圧迫していびきをかくことがあります。

以前テレビでみたネコちゃんは、睡眠時無呼吸症のせいで大きないびきをかいていましたよ!


 icon-comment-o そのネコちゃんは体重6.4kgが限界といわれていたのに対して、9.5kgもある超肥満体でした。

飼い主が4週間で8.4kgまでダイエットさせたところ、いびきも自然に治っていました。


 icon-arrow-circle-o-right 【再発】デブ猫は危険?!肥満細胞腫3つの症状【余命】


まとめ



鼻炎でも短鼻種でもないのに鼻がピーピー鳴っていたら、隠れた病気の可能性も。

起きているときにも鼻が鳴っていたり、口呼吸をしていたら要注意です。

ちなみにうちのネコは小太りですが、体を持ち上げるときに鼻をブッと鳴らします。


 icon-arrow-circle-o-right 【腫瘍】猫のくしゃみ鼻水&鼻血が止まらない3つの原因

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

今注目されているネコちゃん

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

夏の対策は大丈夫?

キャットフード特集

ネコの予防接種(ワクチン)特集

コメントを残す

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【鼻づまり】猫がいびきをかくときに疑う3つの病気【肥満】