【唸る走る】病気?猫が唸ったり走りまわる3つの原因 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【唸る走る】病気?猫が唸ったり走りまわる3つの原因

更新日 2016/09/16

意味不明。。突然に猫が唸り、走り回る原因はなんなの?


うちのネコは、唐突にハッスルモードになって部屋中を走り回ることがありました。

何が原因でハッスル・スイッチが入ったのかわかりません。。病気ではないようですが…

今回は、このハッスルモードになる原因を考えてみました。

スポンサーリンク


ネコが突然に唸なったり走る3つの原因

 

ウチのネコも夜9時ごろになると、何かのスイッチが入り走りまわっていました。

最近ではネコと遊ぶようにしてから、嘘のように走り回ることがなくなりましたね。

 


やっぱりネコは狩をする習性がありますから、狩をさせてあげる必要があると思います。

釣竿に針をとったルアーをつけて、ネコと「狩ゴッコ」をして遊んでいます(^^)

 


最近では飽きたのか、食いつきが悪くなりましたね…(^^ゞ

しかし、走りまわるだけではなく、唸り声をあげるとなると状況が違います。。


  1. ストレスによるもの
  2. 病気によるもの
  3. 情緒不安定によるもの


ストレスによるもの

 

ネコのストレスに最も多いのは、縄張りが原因になっていると考えています。

例えば、一戸建てに住んでいて、窓から庭を眺めることができるような場合です。

 

その庭にノラ猫が侵入すると、家にいるネコは自分の縄張りが侵されたと感じます。

それで、自分の縄張りを守るために、威嚇しながら走り回るケースですね。

ネコが興奮しているときに触れようとすると、引っかかれることになりますね。

 

近所ノラ猫の鳴き声や、工事現場からの音などがストレスになる場合もあります。

ノラ猫の侵入を防止したり、カーテンを閉めて庭を隠したりする工夫も必要ですよ。



近所でポンプ場の工事をしていてうるさいですが、うちのネコは大丈夫のようです。

 icon-arrow-circle-o-right 【注意】部屋飼いの猫のストレスを軽減する4つの方法

 

病気によるもの

 

興奮状態になる病気といえば、甲状腺機能亢進症でホルモンの分泌異常です。

この病気になると元気というか、攻撃的になって、発情期みたいになるようですね。

 

だいたい7~8歳以上のネコに発症しやすい病気なので、

老齢のネコが発情期に似た振る舞いをしたら、この病気を疑ってもいいかも知れません。

 icon-arrow-circle-o-right 老猫が夜鳴くようになった理由はボケ?!良い対策はないの?

スポンサーリンク


情緒不安定によるもの

 

ネコにも不安症というものがあるらしく、精神安定薬で症状が改善する場合もあります。

なにかの原因がストレスになり、脳内物質のバランスが崩れるそうです。

 

薬を使用しながら、ネコの生活環境を整理してゆくのがいいですね。

精神薬が必要かどうかは、病院が判断してくれると思いますよ。

 icon-arrow-circle-o-right 【緊急対策】いつまで続くの?猫に運動会をやめさせる簡単な方法

 

まとめ

 

ネコが走りまわるのは毎度のことですが、唸るとなると心配ですね。

ほとんどのネコの問題行動は、縄張りに関するものが原因です。

 

でも、中には病気の場合もありますので、1度は病院で相談するのがいいですね。

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【唸る走る】病気?猫が唸ったり走りまわる3つの原因