甘えだけじゃない!猫のゴロゴロには癒し効果がある!? | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

甘えだけじゃない!猫のゴロゴロには癒し効果がある!?

icon-share 2015/11/12 icon-edit 2016/07/01

猫のゴロゴロには癒し効果があるって本当ですか?


今回は、ネコのゴロゴロについて話を掘り下げてみます。

スポンサーリンク


猫がゴロゴロ鳴く意味



甘えてくるときや構って欲しいときに、ネコはゴロゴロ喉を鳴らして来ますよね。

そのゴロゴロは、もともとは母ネコと子ネコのコミニュケーションに使われていました。




母ネコが子ネコにお乳を飲ませるときに、ゴロゴロと子ネコに合図を送ります。

すると子ネコがお乳を飲みながらゴロゴロとと応えるワケです。



母ネコが子ネコのゴロゴロを聴くと、お乳の出がよくなるという話もあります。

ですので、ネコが何かをして欲しいときや満足したときに喉をゴロゴロ慣らします。

でも、それだけではありません。


ゴロゴロの意外な効果



 icon-check-square-o 実は、ネコのゴロゴロには癒しの効果があります。

このネコのゴロゴロは20~60Hzの低周波の音を出しています。

この低周波音は免疫力を高め、自然治癒能力をアップしていくれるそうです。


なんかダルイ


ネコは体調がすぐれないときにも、喉をゴロゴロ慣らしているのです。

ですので、ネコが喉を鳴らしているからといって甘えているとは限りませんよ(^^ゞ

スポンサーリンク


ゴロゴロはどこから?



今までネコが喉を鳴らす詳しいメカニズムはわかっていませんが、

最近の研究では、声帯の下にある筋肉を振動させて音を出していることが分かりました。

ですので、喉をゴロゴロ鳴らしながら「ニャー」と鳴く器用なこともできるのです(^^)


20Hzというのは、1秒間に20回の振動するといことですからスゴイです。


まとめ:猫のゴロゴロは奥が深かった



ネコのゴロゴロの意味は、母子の意思伝達・満足したとき・何かして欲しいとき。

そればかりではなく、免疫力を高めるという大切な役目もありました。

ネコのゴロゴロは、思った以上に奥が深かったということです(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【鳴かない】病気なの?猫がゴロゴロ言わなくなった4つの理由

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのこと » 甘えだけじゃない!猫のゴロゴロには癒し効果がある!?