【グルーミング】猫のブラッシング頻度とおすすめブラシ | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【グルーミング】猫のブラッシング頻度とおすすめブラシ

更新日 2016/10/27

猫のブラッシングはどの程度すればよいの?


それと、おすすめブラシを教えてください。

今回は、ネコのブラッシングとおすすめブラシです。

スポンサーリンク


猫のブラッシングの頻度



ネコはエサを食べるときと寝ているとき以外は、ほとんどグルーミングしています。

グルーミングとは「毛づくろい」のことで、ネコにとっては大切な日課。

グルーミングすることで被毛を清潔に保っているのです。

ネコの体があまり臭わないのもグルーミングのお陰です。



しかしながら、長毛のネコちゃんの場合、すべてを自分だけでするのは困難です。

そこで、飼い主さんがお手伝いしてあげるワケです。


 icon-arrow-circle-o-down それではネコのブラッシングの目安です。

  • 短毛種・基本的に放置でOK
  • 長毛種・できるだけ毎日ブラッシングしてあげる
  • 老猫・できるだけ毎日ブラッシングしてあげる

もちろん短毛種だとしても、毎日ブラッシングしてあげてもかまいません。

ブラッシングを定期的にしてあげることで、ネコとの信頼感が生まれます。



ブラッシングは子ネコのときから慣しておくとよいですね。



長毛種は、自分で毛づくろいするだけでは十分に毛をとくことができません。

やっぱり飼い主さんが手伝ってあげる必要があります。

さらに「コーミング」といって、クシで毛並みを整えてあげる必要があります。



老猫は毛づくろいが減ってしまうので、愛情をもって手助けしてあげましょう(^_-)-☆

 icon-arrow-circle-o-right 【老化の兆候】老猫は何歳からなの?夜鳴くのは老化現象?

スポンサーリンク


おすすめブラシはどっち?



うちのネコは「ジャパニーズボブテイル」で短毛種です。

ま、早い話が尻尾の短いノラ猫ですね(^_-)-☆



 icon-check-square-o 基本的に手がかかりませんが、被毛が生えかわる時期には抜け毛が目立ちます。

毛並みを整えるというよりは、抜け毛対策としてブラッシングしています(^^;



ということで、ふつうのブラシラバーブラシの両方を使っています(^^)

いわゆる、ふつうのブラシです


これが「ラバーブラシ」


こんな感じで毛がとれます


 icon-check-square-o ふつうのブラシよりも、ラバーブラシの方が毛がよく取れます。

でも引っ張り感が強いので、うちのネコは苦手なようですね(^^;

使うのはどちらでもかまいませんが、ネコが好む方を使うとよいです。


まとめ



発泡スチロールは神


ウチでは、お風呂でネコを洗うときにはラバーブラシが大活躍です。

毛もとれますが、なにより洗いやすくて重宝します。

結論としては、両方あると便利ということですね(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【効果抜群】静電気に注意!嫌がる猫にブラッシングする方法

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » 猫グッズ・イベント・その他 » 【グルーミング】猫のブラッシング頻度とおすすめブラシ