【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】

icon-share 2017/05/02 icon-edit 2017/05/12

猫と遊ぶとき、どのくらい遊んであげればよいの?


今回は、猫ちゃんとの遊び方コツを調べてみました。

スポンサーリンク


猫との遊び方4つのコツ



ネコちゃんとの遊びは、とっても、とっても、大切なこと。

ネコちゃんと暮すうえで「遊び」は必須科目です!

というワケで、ネコとの遊び方のコツをまとめてみました。


1、手を使って遊ばない




手を使って遊ぶくせをつけると、ネコが飼い主の手を噛む癖がついてしまいます。

手で遊ぶときには乱暴になるので、ネコの闘争心をあおっちゃうのですね。

ネコをでようと手を伸ばしたときに爪で引っかれたり、噛れるようになるハメに。。


 icon-warning これは男性の飼い主に多い傾向なので注意しましょう。

小さいお子さんがいる家庭では、とくに注意しなければなりませんね。

ネコちゃんと遊ぶときは、釣竿タイプのオモチャを使いましょう(^_-)-☆


2、遊ぶ時間はどのくらいか



ネコ科の動物は短距離ランナーなので、狩りも短期決戦で勝負します。

ネコとの遊びは1回15分程度、息がハァハァするまで遊べばOKです。

うちのネコは朝と夜の2回、体力が余っているようなら就寝前にも遊んであげてます(^^)


こんな感じでOK



就寝前に遊べば、朝までぐっすり寝てくれますね。

逆に遊びが足りてないと欲求不満になり、夜中に鳴いちゃうこともありますね(^^ゞ


3、オモチャに反応しないとき



すぐにはオモチャに反応しないネコちゃんもいます。

そのようなネコちゃんは待伏せタイプで、より「狩り」に近いスタイルです。

絶好のポジションからおそううタイプなので、根気よく付き合ってあげましょう。




 icon-arrow-circle-o-down 釣竿タイプのオモチャの種類

  1. 蝶のようにひらひらうタイプ
  2. ネズミのようにチョコチョコ動かすタイプ
  3. ヘビのように床に這わせるタイプ


待伏せタイプのネコちゃんには、ネズミかヘビタイプがオススメ。

いろいろなタイプ試してみて、ネコちゃんの好みを調べてみましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


4、成功体験をさせること


ヤル気でたぜ!


ネコは遊び(遊び)を通じて、自信をつけて一人前になっていきます。

狩りを成功させてあげ、成功体験をさせてあげることも飼い主の役目。

ですから、3回に1回は獲物えものを捕まえさせてあげましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク


遊びの途中で毛繕いする理由



ネコが遊びの途中で毛繕けづくろいすることや、急に爪をとぎ始めることがよくあります。

これは遊びに飽きたからではなく、興奮を抑えるためにクールダウンしているのです。

遊びの途中で爪を研ぐのは、本気モードに入ってきた証拠です。


香箱を組まれたらゲーム終了


たっぷり遊んだらエサを与えましょう!

ネコちゃんが満足したら、毛繕いをして寝ちゃいます。


まとめ



ネコは狩りをする動物なので、ネコとの遊びは必須科目です。

手を使って遊ぶと噛み癖がつくのでNG、釣竿タイプのオモチャがおすすめです。

ネコちゃんに成功体験をさせてあげて、自信をつけさせてあげましょう!


 icon-arrow-circle-o-right 【威嚇】可愛くない!なつかないのは猫との遊びが原因だった

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

ピックアップ

ネコ風邪 特集

ネコの冬支度

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのしつけ » 【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】