【キャットフード】ねこ元気の評判と安全性をしらべてみた | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【キャットフード】ねこ元気の評判と安全性をしらべてみた

icon-share 2016/03/24 icon-edit 2016/07/01

キャットフード「ねこ元気」の評判ってどうなの?


よくスーパーでも見かける「ねこ元気」は国産なので安全ですか?

今回は「ねこ元気」について調べてみました。

スポンサーリンク


ねこ元気の評判と安全性



「ねこ元気」はよくスーパーで見かけるキャットフードですよね。

赤と青のパッケージがよく目立っていますが、売れているのは赤の方です(^^)




確かにパッケージには「国産」とありますが、安全性はどうなんでしょうか。


ねこ元気の口コミ評判



「ねこ元気」はユニ・チャームペットケアの商品です。

ユニ・チャームといえば、「ムーニー」などのベビー用品のメーカーですね。


 icon-arrow-circle-o-down それで、気になる評判は…


  • ガツガツと食べてます
  • 特別食いつきがいいというわけではない
  • フードが変わったせいなのか軟便になった
  • ドライフードは一粒一粒が小さくてよい
  • もう少し安ければいい
  • 小分けになっているので使いやすい
  • 気難しい子でも「複数ねこ」用は喜んで食べる…など


ちなみに、5kg入りの大袋もあります。


ねこ元気の原材料



気になる「ねこ元気」の原材料は…

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、セルロースパウダー、動物性油脂、魚介類(フィッシュエキス、フィッシュミール、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール等)、豆類(脱脂大豆)、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

複数ねこ用毛玉ケア お魚とお肉のスペシャルブレンド

タンパク質30%・マグネシウム0.10%・約350kcal/100g・総合栄養食

メインの肉類は、チキンミール、ポークミール、ビーフミール、フィッシュミール、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール

他の国産メーカーに比べて、タンパク質の量が多めです。

酸化防止剤の「ミックストコフェロール」はビタミンEのことです。

スポンサーリンク


ねこ元気の安全性



原材料を見る限りでは、とくに問題がないように思います。

着色料は入ってないに越したことはありませんが、

使用基準以内であればとくに問題ありません。



「ねこ元気」は、2013年までは原産国がアメリカでしたが、現在は日本です。

現在は国内の自社の工場(伊丹工場 及び 三重工場)で製造されています。


ユニ・チャームペットケアにフリーダイヤルしてみましたが、

『電話が大変込み合っています…中略…しばらく経ってからおかけ直し下さい』

…と自動音声が流れて、勝手に電話が切れちゃいました。。


後から電話をかけ直しましたが、結局つながらなかったです(^^ゞ

たまたま、かけたタイミングがよくなかったのでしょうか?


 icon-arrow-circle-o-right 【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

ピックアップ

ネコ風邪 特集

ネコの冬支度

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » キャットフード特集 » 【キャットフード】ねこ元気の評判と安全性をしらべてみた