【キャットフード】安いフリスキーの評判と安全性はどうなの? | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【キャットフード】安いフリスキーの評判と安全性はどうなの?

作成2016/03/20 更新2016/07/01

キャットフードのフリスキーの評判ってどうなの?


ネコだいすきフリスキー~♪でお馴染みのフリスキー。

今回、このキャットフードの安全性について調べてみました。

スポンサーリンク


フリスキーの評判と安全性



フリスキーは「ネスレ日本株式会社」が販売元です。

あの、ネスカフェゴールドブレンドの会社です(^^)


2kg・498円(税抜き)


フリスキーの口コミ・評判



気になるフリスキーの評判は…


  • 袋が4つに小分けされているところ
  • 粒のサイズ小さく食べやすい(子猫用)
  • 思いのほか食いつきが良かった
  • マズいというほどではない
  • 子猫のときから食べていて毛艶も良い
  • ミックスが一番のお気に入り
  • グネシウムも0.1%と低めで安心
  • ちゃんとした数値の記載がなく頼りない…など


フリスキーの原材料



フリスキーの気になる原材料とは…

穀類(とうもろこし、小麦、コーングルテンミール等)、肉類(家禽ミール、ビーフミール等)、豆類(大豆ミール)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、たんぱく加水分解物、魚介類(まぐろミール、かつおミール、サーモンエキス、魚介エキス)、野菜類(野菜パウダー)、卵類(卵)、乳類(ミルクパウダー)、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(食用赤色2号、食用黄色4号、食用黄色5号)、香料

ミックス


タンパク質26%以上、約340kcal/100g、マグネシウム0.1%、原産国はタイ。

タンパク質は、家禽ミール、ビーフミール、大豆ミール、まぐろミール、かつおミール。

保存料・酸化防止剤についての記載がないようですね。

スポンサーリンク


フリスキーの安全性について



ふつう、品質を保つために酸化防止剤が添加されているのですが、

保存料・酸化防止剤の記載がありませんね。



家禽ミールの詳細がわからないのですが、ニワトリでしょうか?

原産国がタイということもあり、安全性が微妙な感じがしますね。。


まとめ



添加物の記載がないところもあり、少し心配な印象を受けました。

原産国が「タイ」ということもあり、原材料や製造過程が不透明でモヤっとします。

フリスキーは、オススメするのが難しいフードだと思われました(^^;


 icon-arrow-circle-o-right 【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » キャットフード特集 » 【キャットフード】安いフリスキーの評判と安全性はどうなの?